flower

海外留学の方法
(ワーキングホリデー)

海外留学の方法(ワーキングホリデー)

薬剤師として海外留学やワーキングホリデーで渡航する方が増えています。これまでの国内での薬剤師は人数も少なかったこともあり求人でも競争が激しいということはありませんでしたが、 大学の6年制への以降に伴い、大学の募集人員も増えたこともあり、難関国家資格の1つである薬剤師も求人の競争が激しくなってきています。 そこで薬剤師として経験と知識を増やすために海外留学、ワーキングホリデーをする方が増えてきたようです。

海外留学やワーキングホリデー先として多いのがアメリカやヨーロッパです。日本では医師の処方を元に薬剤師が調合する事が多いですが、海外では薬剤師としての仕事の範囲が広く、 患者の症状把握から、医師への薬の提言まで日本に比べてより広く治療に関係していく仕事となっています。薬剤師としての求人においても臨床経験を重視する方向が出てきており、 調剤薬局や漢方薬局でも臨床経験を優遇するようになっています。

海外留学やワーキングホリデーで得られる経験は国内では得られない貴重なものとなることが多いようです。 薬剤師の求人 失敗しない就職・転職のコツ というサイトでは、実際にワーキングホリデーに言った薬剤師の体験談が載っているので、参考にしてみるといいと思います。

日本国内での薬剤は国が認めるまでは一般には利用できませんが、 海外では自己責任でさまざまな薬剤が利用できる事が多く、最先端の薬の情報を得るためには海外での情報収集や臨床経験はとても重要です。 臨床経験としても医師と同等に患者に向き合い、 症状を把握し、薬剤による治療計画をたてることもあり、日本ではまだまだ実施している病院が少ないこともあり、 海外での治療経験は薬剤師としてのキャリアとしてはとても有利な知識と経験となります。

国内での薬剤師の求人で競争率が特に激しくなっているのが専門外来の薬剤師としての求人です。専門外来は経験豊富な医師と看護師などが揃っており、治療をチームで行う事が多く、 海外での治療と同様に薬剤師の責任範囲が広く、知識と経験を活かせるとして人気があります。また、最新の治療方法をどんどん取り入れることもあり、キャリアとしても重要な位置にあります。 医師も病状に合わせて専門家が生まれていますが、薬剤師についても病状、症状ごとに専門家が生まれてきており、今後は医師や看護師のように認定制度が多くなってくると考えられています。

海外留学で専門の臨床データや日本では未認証の薬剤を利用した治療方法と臨床データは国内だけで働く場合に比べて得られる知識と経験がまったく違い、就職活動においてもとても有利に進められると考えられます。

 

> 海外留学の方法(研究留学)