flower

スキルと経験

スキルと経験

薬剤師という職業は、なるためにはまず資格が必要となります。大学などで薬学を専攻し、さらに国家試験に合格しなければなりません。高い学力と、 さらに授業料なども理系ということもありますので覚悟が必要となる学部でもあります。

しかし、求人の面でみてみますと、医療系というのは常にたくさんありますし、選ぶこともできます。さらに、採用率が高いということも注目されています。 女性にとっては、薬剤師という職業は、夜勤がないというところが多いこともありますので、それだけ育児をしながらでも、結婚をしていても働きやすい環境であるということもあり、 人気がある職業の一つでもあります。

最近増えているのが海外で働く薬剤師の方々です。やはり、海外からの求人ということよりも、日本から派遣されるという形になるわけですが、そこではまず英語力のスキルが必要となります。 海外での医療の場合は、世界共通として使われているのが英語です。ですから、日本語だけしか話すことができないとなりますと、言葉が通じませんので、働くことができません。 たとえばアメリカで薬剤師として働くということになりますと、日本での薬剤師の資格ももちろん必要ですが、英語力のスキルも必要となり、 さらにそのスキルを使ったうえでのアメリカでの試験を受けて資格を取らなければならないのです。少々道のりがあるわけですが、それでも、海外で働きたいという方もたくさんいるのです。

そのため、大学時代から積極的に海外に留学をするという方も多いですし、求人的に見たときにも、アメリカ以外、たとえば貧しい国々などではさらに、医師や薬剤師は求められていますので、 さまざまな働き方を選ぶことができます。しかし、派遣されるということでの仕事となりますと、やはり日本のような環境ではなく、過酷でハードな環境のところもたくさんあります。 さらに、給料の面でももしかしたら日本で就職をしたほうが満足いく収入になるかもしれません。しかし、そこにはボランティアの心というものが大きく関わっているのです。 それだけ、人のためになることをしたいという方も多いというのは、日本人としての誇りでもありますし、海外でも求められている力なのです。

日本は先進国ですので、医療に関する知識も技術もあります。これを、発展途上国でぜひつなげてほしいという思い、またつなげたいという思い、色々あるかと思いますが、 できる方が限られているというのも実情あります。