flower

帰国後の再就職

帰国後の再就職

医学がグローバルな知識を要するのと同様に、薬剤師が医薬品の知識向上のために、海外で勉強をするということはとても価値のあることではありますが、 医薬品というものはそれぞれの国の法規制に基づいて承認、販売されているものでもあり、海外の薬事法を学ぶということは必ずしも日本国内における薬剤師の仕事に直接的に役に立つとも限りません。

しかし、単に英語などの外国語を習得するというだけでも、日本国内では有効な追加価値にはなりえます。一般的な薬剤師では就けないような仕事が出来る可能性はあります。 たとえば外国人を患者や医師として多く扱う医療施設などでは、そのコミュニケーション力と医薬品の知識を両方兼ね備えていれば、その価値はかなり重宝されるかもしれません。医療関係の施設にとどまらず、 製薬会社においても同様に貴重なポジションが与えられるということは大いに可能性があります。

さらに再就職ということに関しては、実際に海外に留学をしてその国で薬剤師としての資格を取得したのであれば、何も日本に戻って薬剤師になるということが唯一の選択肢ではありません。 アメリカをはじめ、ヨーロッパなどでは外国人が薬剤師として就労することが認められています。海外の求人に再就職するためには、その国の言語の習得ももちろん必要になりますが、 再就職先は努力次第ではボーダレスになります。一般的にどの国でも薬剤師の待遇は決して悪いものではありません。場合によっては日本よりもよい生活が出来る可能性も少なくないのです。

日本では薬剤師の求人が現状ではいつでもある状態で、他の業種と違い、多少のブランクがあっても再就職は容易でしょう。しかし、留学後に求人を探しても、 前職よりよい待遇の職に就けるというのは一般的にはあまり無いかもしれません。たとえば普通の医療施設の薬局や、街のドラッグストアなどで、海外の豊富な知識を身につけた人材がどの程度他の人より価値があるかというと、 日本でコンスタントに働いていた人のほうがその現場では価値があるのが採用する側としての一般的な考え方ではないでしょうか。

つまり、留学を経験したのなら、それをなるべく特殊な方向に向けて活かす、もしくは留学を単なる有意義な旅行として割り切り、前職と同様な待遇の職場に復帰するという考えたの方が現実的であるといえるかもしれません。 しかし、将来的なことを考えれば、今後の薬剤師の都市部での飽和状態を鑑みて、他人よりもなにか特別なプラスアルファの経験を持っていたほうがいいという状況になる可能性も否めません。