flower

海外留学の方法
(研究留学)

海外留学の方法(研究留学)

医薬品の世界では今も昔も先進国は基本的には欧米です。日本でも近年はさまざまな独自の研究がなされ、新たな発表を世界に向けて多く発表している時代ではありますが、 その多くは欧米の医学の知識の力があってこそ成しえたものでもあります。優秀な薬剤師が日本国内だけで、その任務を終えてしまうことは日本の医薬品の分野の発展においても惜しいことであります。 これは特に製薬会社などで研究開発に携わる薬剤師にいえることでもあります。

しかし、向上精神にあふれた薬剤師が、たとえば製薬会社などの企業に勤めていた場合、本人が望んだとしても必ずしも海外に研究留学が出来るわけではありません。そこはその製薬会社の一社員である以上、 会社の方針に従わなければならないからです。もし、あらかじめ求人の応募の段階でそういった海外への研究留学の意思があるのなら、その旨を面接などの段階で申し伝えることで、向上心のアピールと、 入社後の留学の現実性につながり、結果的にプラスになるでしょう。いずれにしても大手の製薬会社ならば求人に対して多くの応募者がいます。薬剤師は求人が多いといわれますが、 人気企業への入社はいつでもそう簡単には実現できません。海外への研究留学の希望があるということは人よりも一歩差をつける結果につながるでしょう。

海外への留学の意思を明確に、より現実的にアピールする上で、たとえば英語ならTOEICなどの資格の提示が必須になるといえるでしょう。アピールすることも重要ですが、事前の日々の努力も重要だということです。 逆に言えば前もって語学を勉強することで、現実的に海外で研究できるかどうかも判断できるでしょう。必ずしも優秀な薬剤師が語学にも長けているとは限らないからです。

大手の製薬会社になれば、海外と業務提携をしているのは普通です。海外に支部が企業も多いです。そういった場合、研究留学はスムーズに行くでしょう。もし、会社の方針で海外留学が承認されず、 実現できないという場合にはいったん会社を辞めて個人的に行動するといったことも考えられますが、日本に戻ってきときに、以前よりも待遇の悪い仕事場しか選択肢が無い、 というリスクもある程度は想定しておいたほうが良いかもしれません。日本の薬事法で管理された一般の薬局などでは、必ずしも海外のグローバルな知識が有効活用されるとは限らないからです。 しかし、日本の医薬品の全体的なレベルを上げるという意味では、薬剤師の海外での経験はとても貴重な価値があるのです。