flower

海外留学の方法
(インターンシップ)

海外留学の方法(インターンシップ)

日本で薬剤師と聞くと、どちらかといえば日本国内で薬剤師として働いている人が多いというような印象を持ってしまうのでありますが、 薬剤師の一部には海外で働きたいというような方もお見えになります。そのような感じで海外での薬剤師の仕事について考えていたりする考えを持っている人のために、 海外へのインターンシップを行えるという制度を持っている企業が存在したりします。

近年のグローバル化の影響によって、海外の医薬品についての知識を持っている人材の確保・育成のためや将来的に海外に転勤してもらったりして活躍をしてもらうために そのような求人を出している会社も増えているようです。こういったインターンシップ制度がある企業については、将来的に海外で薬剤師としての仕事がしたいという方にとって大変魅力的なものとなっており、 制度を利用したいために入社するといったこともあるそうです。

では、実際にはどんなことをインターンシップで行うのでしょうか?具体的にインターンシップでの体験をいくつか紹介します。

まず、一つ目の事案としては、とある海外の病院に行った人の話で、その人は英語には自信のある方であったそうですが色々な方から電話などで多くの質問がしかも早口で寄せられてきたため、 最初は全く何を言っているのかわからなかったそうです。ゆっくいり質問を聞いて何とか話を聞いたとしても、なかなか高度な話ばかりではじめはあまりないようについていけなかったので、 なんとか周りの人の手助けを得ながら乗り切っていったというような苦労する話もあります。

その他には、色々なところから薬剤師の方が集まってきているという会社にインターンシップに行った方からは、同僚とも仲良く簡単に話しかけられる環境であったり、 日本の会社とは違って、あまり上下関係は少なかったので、社長であったりする人や同僚の方とはかなり仲良く働ける会社で研修ができたといった楽しい感想もあります。 日本のように上下関係が厳しかったり、人間関係がより保ちやすい会社を選びたいというときには海外の企業に目を向けたりなどして、幅広く求人を探すことをするのもいいかと思われます。

将来的に海外で働きたいという方や、海外で働く前にちょっとどんな感じなのかためしに現場に言って経験してみたいという方、キャリアアップのために海外で留学したいという方などには、 求人広告などで薬剤師の海外インターンシップ制度があるかどうかを試しに探してみてみるといいかと思われます。

 

> 海外留学の方法(ワーキングホリデー)