薬剤師の海外留学やワーキングホリデーについて解説するサイト
flower


contents

flower


flower

世界の薬局事情

必要な語学力

スキルと経験

留学先について

海外留学の方法
(インターンシップ
 / ワーキングホリデー / 研究留学)

帰国後の再就職

   
トップニュース

薬剤師としての働きやすさは国によって異なっています。留学をすることによっていろいろな国の事情を知ることができるでしょう。日本よりも働きやすい国であれば、 最終的にその国に移住したいと考えるのもよい方法です。実際にその様に考えて海外留学を志す人もいます。

日本での求人を見れば分かるとは思いますが、日本では今後は条件は悪くなっていく可能性があります。日本では、かつては薬剤師が不足していたために需要が高く、そのために条件が良かったのです。 しかし、現在のところはそうではなくなってきていて、徐々に数が増えてきていることから条件は良すぎるというものではなくなってきています。ですから、海外で働いたほうが良いと考える人も多いのです。

目的はそれぞれありますが、海外で薬剤師として働こうと思った場合、求人があれば誰でも働けるといったものではありません。その国で薬剤師の資格を取得する必要があります。 日本で取得した資格は日本でしか通用しないという点に注意しなければなりません。ですから、例えばアメリカで働きたいと思ったときには、アメリカで資格取得をしなければならないのです。

その国で資格を取得しようと思った場合にもっともよい方法が留学です。日本で資格を取るよりも、その方がはるかにとりやすいです。たいていの国では試験を受ければよいと言うものではなくて、 実習や大学卒業資格などが必要とされます。ですから、そのために現地の学校を卒業する方が良いのです。

日本の学校を卒業して日本で薬剤師になった場合でも海外に留学をすることは可能です。この場合、薬剤師として働くと言うよりは、研究職に就くと考えたほうが良いです。海外で資格を取得していない場合には、 例えば販売業務などが制限されるケースが多いです。研究職の場合には、特に資格は必要ありません。もちろんですが語学力や薬学に対する知識は必要になりますが、 基本的には研究機関が認めるかどうかが問題となるだけですから、資格を取得した国はあまり関係ないのです。

海外に留学して海外の求人に応募して働き続けるのはよい方法です。ただ、海外でしか働いたことのない人が日本で働くことができるのかどうかというのは難しい問題です。一般的な販売店ではなかなか難しいでしょう。 製薬会社の研究室などで働くことはできるでしょうから、働ける場所がないとは言いません。しかし、日本で就職をするのに有利になる事はあまりないと考えておいたほうが良いです。